2013-01-03から1日間の記事一覧

人の戀をかしくもなき火鉢かな

「水仙に惜しむ燈影もなかりけり」 畑耕一の俳句で、冬の句である。 ヒガンバナ科の多年草。早春に、鱗茎(りんけい)から一本の花茎を出し、白や黄色で中央に副花冠をもつ花を横向きにつける。葉は根生し、平たい線形。耐寒性で栽培に適し、観賞用とする。…