堂守の小草ながめつ夏の月

ナツメの花

 9日、アサガオと百日草の苗を数種類ほど購入。色違いを混ぜて。
 夕方、日が暮れると南南西の空に、やや高く明るく輝く三日月が眺められた。高度が五十五度はあるだろう。もうすぐ上弦の月である。
 街路樹のナツメの木には淡い黄緑色の小さな花が開いている。花の直径は六ミリほどだ。葉に隠れるように咲いていて目立たない。以前この花に蜜を求めて来る蜂のような虫を見かけた。
 蕪村の句に、「堂守の小草(おぐさ)ながめつ夏の月」。

 夜、ラジオのスイッチを入れると今月第二週の「新・話の泉」を放送していた。途中から聴く。
 歌謡曲を2200曲聴いて研究された大塚明子(めいこ)さんがゲストで語られている途中だった。
 出演者は立川談志山藤章二嵐山光三郎毒蝮三太夫松尾貴史の各氏で、司会は渡邊あゆみアナウンサー。   
 そのあと、「家元秘宝館」は柳家金語楼。家元の談志が金語楼の思い出を語る。出演者がそれぞれ金語楼B級映画少年雑誌の表紙、お笑いのスターでしたよ、と談話する。そして、柳家金語楼の落語「身投げ屋」が放送された。
 前回の「新・とんち教室」の「すごいものは?」の発表があった。
 すごいものは、「米の飯」。と嵐山光三郎さんが選ぶ。なるほど。
 他の出演者の選んだ「すごいものは?」の発表を聞く。
 すごいものは、「夫婦喧嘩で飛び出してくるかみさんの記憶力」と毒蝮さん。
 今月の宿題。「お天道様にひとこと、声をかけてください。」に是非一言を! と渡邊あゆみアナウンサーが呼びかける。
 お仕舞いに、家元のジョークがある。古いレコードのジョークを話す。
 だからと言って別に俺はね・・・。
 だからと言って別に俺はね・・・。と家元が言って笑わせて終わった。
 次回は七月一日。