『中村さんちのチエコ抄』と中村正常のこと1

 
 1日、午後より雨で夜半にかけて降り続く。南の風が吹いた。
 2日、朝の最低気温9℃で晴れ暖かい。午後、気温が18℃まで上がる。
 街路樹のつばきを見ると、まだつぼみだ。

 畑耕一の俳句で、冬の句に、
 「日輪のもとに海鼠はなまこかな
 「ぼそぼそと藁焚く雨や枇杷の花
 「箕を叩く日向ほこりや枇杷の花」 

 箕(みの)とは、茅(かや)や菅(すげ)の細長い葉を編んで作ったカッパのような雨具である。
 「箕を叩く日向ほこりや枇杷の花
 今では、雨具の素材が変わっていて、植物の葉で作った雨具は余り見かけない。
 登山道具を扱っている専門店にあるのは、植物で作った雨具ではなく化学繊維で防水性能の良い製品が売られている。


 1月の読書で面白かったのは、中村知會著『中村さんちのチエコ抄』である。
 1984年4月に主婦と生活社より刊行された。読んだのは徳間文庫版である。
 1990年11月15日初版。
 中村知會(中村知会)さんは女優・中村メイコの母、作家・神津カンナの祖母。
 少女時代に転々と親戚の家に身を寄せて育ち、後に築地小劇場の女優を経て、ナンセンス作家・中村正常と結婚した。
 夫がその後、筆を折ったので夫に代わって働き、娘メイコを育てた人で、夫の中村正常さんとの面白いエピソードが語られている。
 
 今となっては貴重な見聞が書かれていて興味深い。
 尾形明子著『華やかな孤独』でふれていたが、林芙美子の「放浪記」は1928年(昭和3年)10月から1930年(昭和5年)10月まで、20回にわたって『女人藝術』に連載されたという。
 『中村さんちのチエコ抄』を読むと、

築地小劇場」の分裂の後、私は人並みに昼は洋裁学校へ通い、夜は再び母と二人、静かに生活するようになったのです。*1
 その頃、新劇の役者たちの憧れの的で、美人のほまれのたかかった作家の長谷川時雨(しぐれ)さんが「弾圧」という雑誌を刊行しました。その雑誌は爆発するエネルギーのもっていき場のない若者たちに、大きい影響を与えました。
 当然、私もその影響をうけました。ある日、私は思いきって、編集部に長谷川時雨さんを訪ねたのでした。
 時雨さんには、以前、偶然にお会いしたことがありました。
 芝居の切符を売りに、文藝春秋社の菊池寛先生をお訪ねした何度目かのときに、菊池先生の部屋で時雨さんとお会いして、先生に紹介していただいたのです。
 そのときは、ただそれだけで、お別れしてしまったのでしたが、そのすぐあとで時雨さんは、三宅やす子さん、平林たい子さん、矢田津世子さんらと、女性だけの雑誌「女人藝術」を発刊なさったのです。
 女流作家に対して、尽力を惜しまない時雨さんは、多くの名もない女流作家の力になってあげていらしたのです。  55ページ

中村さんちのチエコ抄―娘メイコ,孫カンナ…と私 (徳間文庫)

中村さんちのチエコ抄―娘メイコ,孫カンナ…と私 (徳間文庫)

*1:注記:昭和三年の暮れに小山内薫の急逝した後の昭和四年、劇団員の分裂という騒動があった。