「いま、なぜ小津安二郎を語るのか」と女優・井上雪子さん

 雑誌『ユリイカ』2013年8月増刊号が、やなせたかし特集号でした。
 [やなせたかしまんが道]と題した収録エッセイで注目した文章のひとつ、「投稿時代」(池内紀)が意想外の話でちょっとびっくりしたのですが、『ユリイカ』11月臨時増刊号を手にしました。

 小津安二郎生誕110年・没後50年を記念しての増刊号です。
 参照:http://www.seidosha.co.jp/index.php?9784791702633

 「いま、なぜ小津安二郎を語るのか」と副題のついた「梱包と野放し」という蓮實重彦青山真治の両氏による対談(対話)を面白く読みました。
 冒頭、女優井上雪子さんの昨年十一月のご葬儀には、自分から出させていただきました、と蓮實重彦さんの「小津安二郎監督がそのひたいを気に入っておられたという井上さんのお顔に、じっと見入っていたのですが、いざ出棺というときに、あたりには若い屈強な連中が一人もいない。姪御さんをのぞいて御親類もほとんどおられないので、『カナリア』で晩年の井上さんにキャメラを向けた塩田明彦監督と一緒に、驚くほど軽いお棺まで担いでしまいました。間違いなく小津の代表作であり、井上雪子さんが主演された『美人哀愁』のプリントを発見できなかったという悔いは残っていますが、以来、小津の憑きは落とした、ともう背中には何も張り付いていないはずだと思っていました。」と冒頭の談話から始まります。
 蓮實さんが「間違いなく小津の代表作であり、井上雪子さんが主演された『美人哀愁』のプリントを発見できなかったという悔いは残っていますが」と話されている。
 小津安二郎監督の映画『美人哀愁』(1931年、5月公開、松竹蒲田、白黒、無声)に出演された井上雪子さんですが、昭和7年 (1932年)11月公開の野村芳亭監督の映画『女性の切札』(1932年11月公開、松竹蒲田、白黒、無声)に、井上雪子さんは、高田浩吉及川道子岡田嘉子と出演しています。
 『美人哀愁』のプリントが発見できなかったそうですが、参考として映画『女性の切札』のスチール写真を展示しておきます。*1
 映画『女性の切札』について、どなたか、知っている方はいないものでしょうか!

 登場人物の一人が井上雪子さんだと思われます。

*1:『女性の切札』のプリント(上映用のフィルム)が残っていればいいのになあ、と思っています。